草場一壽さんの個展へ

Uisceの冬美さんと、唯一無二の陶彩画家 草場一壽さんの個展へ。

色彩の光に紡ぎ織られる言の葉は
静寂の聖の奥底へと道を示し
青の泉に鎮まる魂はいのちの水をえて
天へと挑み放たれる。

この方の心技体は霊魂と一体であり
神に捧げられているようでした。

作品に感動するあまり我を忘れておりましたら
ご本人さまと目が合い…思わず何度も深々…ありがとうございますとご本人にぺこりぺこり…笑
在廊日を狙って伺いましたがまさかお写真を撮っていただけるとは♪幸運です♡

そして優しいオゾンプロダクトのお紅茶を沢山いただきながら…冬美さんと長い長いお喋り。

Uisceでドビュッシーを奏でていたかのように
冬美さんの聖母のような包容に微睡みながら
ゆったりと流れる時間。
連日の睡眠不足と気怠さと浮腫みが
夢見心地のまま癒えました♪

結婚生活14年目にして、様々なことを乗り越え重ねてきたからこそ、キュンとする愛が深まっている冬美さんの在り方から、私生活も音楽も、学ぶ事が多いです✨

そうね。
だんだん夫婦になっていく。
夫婦は合わせ鏡。
二度と帰らぬ今日を
焦らずゆっくり大切にていねいに♡

音楽も〜したい、という意図を手放す。
共に思い遣って呼吸してゆく。

共に人生を織っていくのだもの。
愛なる人間性がすべてのベース。

先日のコンサートの時もしみじみ想いましたが
離れていても繋がり続けてくださる皆さまも…
いつもいつも
私は甘く優しい友ばかりに支えられています♡

ありがとうございます♡

深謝

 

Aphrodina

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。